2013年12月25日

カメラ修理 ニコマートFTNのカメラ修理

このカメラが工房にやってきたとき、あまりの姿に正直言って「手に負えないだろう」と思いました。
「まあ、直らなくても良いから…」と言われて、ついつい引き受けてしまいました。

このカメラはニコンが昭和42年(1967年)に発売したニコマートFTNです。
ニコンFは高価過ぎて…というユーザーに同じレンズを使うことができる廉価版の一眼レフカメラとして
発売されました。前身となったニコマートFTは昭和40年(1965年)の発売。

先に書いたように、この個体は、キズだらけ、ブラック塗装の磨耗、そして、ホコリだらけと思わず引いてしまうような姿でした。

それでも、分解し整備したところ、シャッター速度、露出計精度ともにまあまあの数値を示しました。
さすがはニコンです。
最終的にボディを拭きあげたら、塗装の下にある金色に光る真鍮の肌が、いい味を出していました。
ヒゲオヤジはこんな味のあるカメラって好きです。ブラックボディがその味を引き立ていますよね。
ただ、修理となると、ちょいと引いてしまいますが。


DSC03898.JPG

DSC03911.JPG

DSC03904.JPG

中身も錆びやホコリがありました。
DSC03880.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 21:25| カメラ修理