2014年01月20日

オリンパスOM-1のカメラ修理

このカメラは『オリンパスOM-1』です。発売はヒゲオヤジが大学に入学した昭和48年(1973年)でした。豊口デザイン事務所でデザインされたコンパクトで端正な外観はデザインを学ぶ学生たちの憧れの的でした。
当初は『M-1』という機種名でしたが、画期的な一眼レフだったためかライカから物言いがついて、1年くらい(?)で名称変更を余儀なくされました。知人は当初のモデルM-1を『なかなか、手に入らないモデルだゾ!』大事に持っています。

このカメラはプリズムの銀蒸着が腐食している個体が多く、ファインダーを覗くと染みのようなものが見えることがあります。もちろん、写りには影響はありませんが、ちょいと目障りです。
お手持ちのOM-1,中古で購入されようとしているOM-1のファインダーから少し目を離して、染みのようなものがないかをご確認ください。
当工房ではOM-1のプリズム交換も承っております。

修理をしたこの個体は、スローシャッターが多少、不安定でしたので、分解修理を行いました。

DSC04538.JPG

DSC04535.JPG

IMGP1388-001.JPG

IMGP1413.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 21:29| カメラ修理