2014年01月28日

オリンパスペンEESのカメラ修理

オリンパスのホームページにある解説によると、この『オリンパスペンEES』は世界初のプログラムEEシャッター搭載カメラだそうです。発売は昭和37年(1962年)です。ネットで調べてみると、この年に流行った歌は『いつでも夢を』(橋幸夫・吉永小百合)だそうですよ。吉永小百合さんはともかく、橋幸夫さんも昨年の「あまちゃん」で脚光を浴びていましたね。
そんな話はともかく、ボディの前面にある赤い『S』の文字がカッコイイですね。

工房にやってきたこの個体はフィルムカウンターのカバーに割れがあるものの、全体的にはキレイなボディでした。ただ、レンズの汚れやカビがあり、分解して清掃しました。セレン(太陽電池)の露出計は若干の劣化があるようでしたが実用レベルまでには調整しました。


モノクロの方が、かっこよく見えるように思えます
DSC04680.JPG

フィルムはニコンFと同じように裏ブタを取り外して入れます
DSC04684.JPG

レンズと絞りのユニットを外して、大掃除です
DSC04669.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 15:51| カメラ修理