2014年01月31日

ミノルタAのカメラ修理

この『ミノルタA』は昭和30年(1955年)にミノルタから発売されました。
このカメラは昭和カメラサービスのホームページのトップページにも写っています。
詰襟、長髪だった高校の同級生が構えているカメラです。

このカメラのことをネットで調べていたら、あるサイトに「アメリカの商品紹介誌コンシューマーズレポート社で『約350ドルのライカやコンタックスは訳50ドルのミノルタAに比べてずっと充実したカメラであることは疑いもない、しかしアマチュアが使うならばこれらのカメラと同様に、明快な写真を作り出すことのできる良いカメラである」と紹介されていました。

通常のカメラに違ってレンズシャッターを逆向きに取り付けて、レンズがボディから出っ張らないようにデザインされています。
ただ、その分ボディが分厚くなり、『タンク』というニックネームがぴったりという感じです。
それでも、ヒゲオヤジ的には、このデザインにどこか惹かれます。

この個体はシャッター、ファインダーの汚れ、カビがありましたので、清掃しました。また、念のため絞りとシャッターの整備も行いました。

DSC04772.JPG

確かにレンズのボディからの出っ張り量は少ないのですが
DSC04771.JPG

DSC04745.JPG

昭和32年(1957年)にアメリカで発行されたカメラや写真用品の年鑑です
DSC04749.JPG

49.95ドルとあります 当時は1ドル360円の時代です
このA型モデルの後継機種A2型も紹介されています
DSC04753.JPG

DSC04763.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png
posted by ヒゲじい at 21:35| カメラ修理