2014年03月18日

オリンパスOM10のカメラ修理

本日、ご紹介するのは『オリンパスOM-10』です。
発売は昭和54年(1979年)で、オリンパスのHPによれば「普及型AE機」という位置づけだったそうです。OM一桁シリーズのOM-1、OM-2、OM-4、OM-3、OM-2SPはプロ仕様を追及し、
一方でOM-10から始まったOM二桁シリーズは廉価さを売り物にしていました。

工房へやってきた個体は、どうやら修理の知識がなく、Cリングをつけ外しする工具もお持ちでなかった方がいじられたようです。そのため、フィルムの巻き戻し軸にあるCリング付近がキズだらけでした。仕方がないので、別のの個体から移植しました。
他にファインダー清掃、モルトプレンの貼り替え、各部点検等を行いました。

外観はなかなか、キレイな個体でした
DSC05372.JPG

DSC05359.JPG

巻き戻し軸付近のパーツを交換した後の画像です
DSC05375.JPG

ネチョネチョになったモルトプレンを取り出すのも一苦労です
DSC05339.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png



posted by ヒゲじい at 17:53| カメラ修理