2014年04月10日

ニコンF3のカメラ修理

お客様からお問い合わせをいただきました。
「『ニコンF3』のフィルムカウンターが1になっても、シャッターが1/80のままなのだが、これは故障なの?」
通常、35mmカメラはフィルムを装填し、1まで空送りします。このとき、AEになっていると、周りが暗いとシャッター速度が遅くなります。夜間撮影などだと、何十秒ものロングシャッターになることもあります。こうしたことにならないようにするためか、ニコンF3はフィルムカウンターが1になるまでは、自動的に1/80に固定されるようになっています。(1/125〜1/2000でも1/80になります)
どうやら、お問い合わせを下さったお客様のF3はその機構に不具合があるようでした。

そんなやり取りをしていて、思い出したのが、同じニコンF3で、カウンターが1になる前に、シャッター
が1/80にならないという現象を持った個体で、カウンター周りの機構の調整で回復しました。

IMGP1950.JPG

IMGP1949.JPG

IMGP1947.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 16:51| カメラ修理