2014年05月07日

オリンパスペンワイドのカメラ修理

ブログをお読みいただいている皆様、ゴールデンウィークはいかがでしたか?
ひげジイは工房の作業部屋の整理整頓や雑用で過ごしてしまいました。

さて、今日は『オリンパスペンW』です。先日、ご紹介しました『オリンパスペンS』の兄弟機種です。
発売は昭和39年(1964年)です。ちなみにレンズ以外のスペックが同じペンSは昭和35年ですから4歳年下の弟分です。最大の特徴は25mm(フルサイズ換算35mm)レンズを搭載していることです。今なら、この程度の広角はたいしたことないといわれそうですが、当時はたいしたものだったようです。
他のペンシリーズに比べ、販売された台数は少ないためか、今では中古市場でけっこうな金額で取引されているようです。

工房へやってきた個体のオーナー様は若い頃にお山のお供に連れ歩いたそうです。そのためか、なかなか味わい深い外観となっていました。ひげジイ好みです。ただ、問題は、シャッターが切れなくなってしまっていました。シャッターを分解し、洗浄しました。その他、いくつかの不具合がありましたが、快調に動くようになりました。明日以降、最終チェックを行い、ご返送予定です。

赤い本革ストラップはオーナー様が当ブログでご紹介した画像の中から見つけられ、
ぜひ譲って欲しいとのことでしたので修理品と一緒にお嫁入りさせます
DSC06591.JPG

DSC06587.JPG

IMGP2098.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png



posted by ヒゲじい at 16:16| カメラ修理