2014年05月13日

ミノルタSR-1のカメラ修理を始めました

先日、ご紹介しました『ミノルタSR-1』の修理作業を始めました。

ボディ正面から見て左にある外付け露出計用のソケットがグラグラになっていたのは、固定用ビスが折れていたためでした。おまけに折れたビスがソケットのねじ穴の中に残ってしまっていたので、取り出して別のビスで固定しました。

さて、いよいよ、「巻き上げができず、シャッターも切ることができない」という不具合の修理のために分解してみると、シャッター幕を巻き上げる軸が腐食し、青い粉を吹いていてびくともしない状態です。外観からは想像もつかないことになっていました。けっこうな重修理を始めることになりました。

IMGP2119-001.JPG

DSC06610-001.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 16:56| カメラ修理