2014年06月05日

ニッコール135mm F2.8の修理

今日もレンズの修理をご紹介します。
このレンズは『ニッコール135mm F2.8』です。たぶん、昭和52年(1977年)に発売されたレンズです。

一昔前、いやもっと昔?、一眼レフカメラを買うと、多くの人が標準レンズ以外に買っていたのが135mmの望遠レンズです。大きさも、価格もお手ごろだったからかも知れません。昭和の終り頃になると、オートフォーカス一眼レフになって、ボディとセットになったズームレンズと一緒に買う人が増えていきました。

工房へやってきたこのレンズですが、絞り羽根がヘリコイドから回ってきたグリスで固着し、自動絞りが動かなくなっていました。分解して、洗浄しました。いささか古いレンズなのでメーカーのサービスステーションでは受け付けていただけなかったそうです。

DSC06785.JPG

DSC06784.JPG

DSC06782.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 15:50| カメラ修理