2014年06月17日

ニコマートFTnのカメラ修理

このカメラは『ニコマートFTn』です。発売は昭和42年(1967年)で、いわゆるガチャガチャをすることで、開放F値補正ができるニコマートシリーズ初のモデルでした。ずっしりとしたボディは今でも魅力的に見えます。

工房へやってきたこのニコマートは巻き上げができませんでした。果たして、修理ができるのかとおっかなびっくりで分解してみると、ボディの奥底に部品が挟まっているのを見つけました。どうやら、以前に分解された方が、部品を内部に落としたままで組み立たようです。最初は悪さをしなかったのでしょうが、内部に空間的な余裕があるだけに、いつか動いてしまい、シャッター機構の中に入ってしまったようです。

完成写真はニッコール200mm/F4を取り付けて撮影しました。私たちが高校生の頃、こんな長い望遠レンズをつけたカメラを持っている人がまぶしく見えたものです。

DSC06886.JPG

DSC06885.JPG

DSC06880.JPG

DSC06882.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 18:48| カメラ修理