2014年06月20日

タクマー1:18/55の修理

今日、ご紹介するカメラ修理はレンズです。旭光学のペンタックス用標準レンズ『スーパータクマー1:1.8/55』と『SMCタクマー1:1.8/55』の2本まとめて整備しました。
名前もよく似ていて、外見もそっくりですが、違いがあるのです。
SMCタクマーの方は、マルチコーティングが施されていることと、AE機構を持つペンタックスES用に絞りのオート/マニュアル切替ノブをロックする機構がついています。これを知らない人が、レンズ単体だと切替ノブが動かないので、故障と勘違いしたり、力任せに回して壊してしまうこともあるようです。

レンズ内のカビ、ゴミの除去など、ヘリコイドの固さ調整などを行いました。絞り羽根の油の侵入はないようでした。

DSC06911.JPG

DSC06917.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png
posted by ヒゲじい at 16:06| カメラ修理