2014年07月02日

ミノルタハイマチックのカメラ修理

ヒゲじいの世代より年上の方でカメラ好きな方なら「人工衛星フレンドシップ7号に乗ったカメラ」と言えばピンとくるはずです。そのカメラは昭和37年(1962年)に発売された『ミノルタハイマチック』(初代)です。
それにしても、人工衛星の中でフィルム交換はできたのでしょうか?36枚しか撮影しなかったのでしょうか?

レリーズボタン(シャッターボタン)がボディの前にあるのが、カタチの上では大きな特徴かも知れません。

工房へやってきた個体はシャッターが不調でした。最初は簡単な修理かと思っていたのですが、分解してみると、どんどんと深みにはまりました。

7/3 修理完了写真を追加します。
DSC07094-003.JPG

DSC07095-001.JPG


DSC07092-001.JPG

DSC07091-001.JPG

DSC07089-001.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png
posted by ヒゲじい at 20:27| カメラ修理