2014年07月14日

オリンパスペンEES-2のカメラ修理

いやはや、暑いですが、いかがお過ごしでしょうか?
今日は『オリンパスペンEES-2』のカメラ修理をご紹介します。
このカメラは昭和43年(1968年)に発売されました。ペンEEシリーズが固定焦点であったのに対し、EESシリーズはゾーンフォーカスとして派生したモデルです。(焦点距離も若干違います)
工房へやってきた個体はオーナー様が中学生の頃に買っていただき、後にはお母上がお使いになっていた思い出深いカメラとのことでした。
不具合の症状は「通称『赤ベロ』が出ず、いつでもシャッターが切れる」でした。
早速、拝見したところ、赤ベロも出ませんし、シャッターボタンを押すと動くはずの絞りも不動でした。
分解してみたら、案の定、絞り羽根が固着していましたので、分解清掃して動作するようにしました。他にもEEの調整などを行い、ほぼ修理は終了しました。最終チェックを行い、近日中にオーナー様にご返送する予定です。

DSC07186-001.JPG

DSC07191-001.JPG

DSC07187-001.JPG

DSC07184-001.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png
posted by ヒゲじい at 18:07| カメラ修理