2014年08月01日

PAX M4のカメラ修理

今日から8月です。まだまだ、暑さは続くのでしょうが、がんばりましょう。
今日、ご紹介するのは昭和33年(1958年)発売の大和光機工業の『PAX M4』です。
カメラ好きの方にはバルナックライカUのそっくりさんだった「PAX35」で有名なカメラメーカー製ですが、「M4」になると、ライカとは違ったデザインになっていきます。

最大の特徴は距離計連動式ながら、ハーフサイズカメラかと思わせるほどのコンパクトボディです。(露出計は内蔵されていません)

オーナー様から1台+部品取り用ジャンクをお預かりしました。ただ、詳しく拝見してみると2台とも修理可能に見えたので、オーナー様の了解を得て2台とも修理することにしました。まあ、もともと1台はジャンクですので、やってみないとわからないところはあるのですが、せっかくの珍しいカメラをむざむざとつぶすのは惜しくて・・・。
ちなみに、2台とも「PAX M4」なのですが、輸出用なのか、上カバーのデザインが若干、違います。中身も若干の違いがありました。

DSC07305.JPG

DSC07312.JPG

DSC07309.JPG

オリンパスペンDと並べてみました
DSC07308.JPG

DSC07303.JPG

DSC07311.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 16:33| カメラ修理