2014年08月04日

フジカST701のカメラ修理

今日は試写やその他の用事があって、外出しましたが、暑くてどうかなりそうでした。この暑さはまだ、当分続くのでしょうね。どうぞ、熱射病にご注意ください。

今日は外出していましたので、途中までしかできていませんが『フジカST701』のカメラ修理です。
このカメラはペンタックスと同じM42スクリューマウントの一眼レフです。ネットで検索してみると、フジカ(フジ写真フィルムのカメラブランド)初の一眼レフだそうで、昭和45年(1970年)に発売されました。
ボディもさることながら、M42の一眼レフ用交換レンズ(フジノンレンズ)でも人気を博したようです。

工房へやってきた個体は電池の液漏れ、露出計スイッチの接触不良、ファインダー内のゴミなどの不具合でした。明日以降、最終組み立てとチェックを行います。

DSC07314.JPG

DSC07316.JPG

DSC07317.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png


posted by ヒゲじい at 18:10| カメラ修理