2014年08月06日

ヤシカエレクトロ35GXのカメラ修理

絞りを決めると、被写体の明るさに合わせてシャッター速度を制御して撮影するカメラを「絞り優先AEカメラ」と言います。そんなカメラの中でも、暗いところにめっぽう強く、ろうそく1本の明るさでもロングシャッターで撮影できることで一世を風靡したのが『エレクトロ35』です。
最初のモデルは昭和41年(1966年)に発売され、多くのモデルチェンジを経て最終モデルとなったのが昭和50年(1975年)に発売されたのが『GX』です。

工房へやってきた個体はこのシリーズのお約束とも言えるシャッター制御の不具合でした。
カメラらしいオーソドックスなデザインと黒いボディ、ずっしりとした手ごたえ、なかなかカッコイイです。

DSC07331.JPG

DSC07334.JPG

DSC07333.JPG

AE/AFというオーナメントがついていますが、オートフォーカスではなくオートフラッシュの意味のようです
DSC07335.JPG

DSC07329.JPGサブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 16:49| カメラ修理