2014年08月20日

リコーフレックスY(6)のカメラ修理

いつまで、この猛暑は続くのでしょうか?

今日は二眼レフ『リコーフレックスY(6)』のカメラ修理です。
発売は昭和28年(1953年)、ヒゲじいの誕生した年です。
このカメラは人気が高く、品不足の結果、プレミアがついたという伝説があります。

工房へやってきた個体はミラーの劣化、絞りレバーの動き不良などの不具合がありました。その他、各部点検や清掃を行いました。

DSC07446.JPG

フィルムはホルダーを取り出して装填します
DSC07447.JPG

フィルムカウンターはなく、赤窓で確認します(写真は「1」です)
DSC07450.JPG

ギアでつながっているビューレンズと撮影レンズを動かしてピントを合わせをします
DSC07451.JPG

切り出したミラーに交換します
DSC07443.JPG

DSC07444.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 17:56| カメラ修理