2014年08月21日

ペンタックスKXのカメラ修理

今日、ご紹介するのは『ペンタックスKX』です。昭和50年(1975年)にそれまでのスクリューマウントからバヨネットマウントに一新したK2、KMとともにデビューしたカメラです。絞り値を直読できるようにしたり、ミラーアップ機構をつけるなど、いくつかの新機軸が盛り込まれています。

工房へやってきた個体は各部点検を行いました。プリズムの腐食が残念でしたが、あとは清掃、調整で快調になりました。いやはや、それにしてもモルトプレンのクズだらけでした。

DSC07456.JPG

DSC07458.JPG

DSC07453.JPG

上カバーの裏にはべちょべちょになった分厚いモルトプレンがありました
DSC07454.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 17:04| カメラ修理