2014年08月22日

キャノネットQL17のカメラ修理

ヒゲじいたちの世代には『キャノネット』という名前は懐かしい響きです。
最初のモデルが発売されたのが昭和36年(1961年)ですから、高度経済成長が始まった頃、カメラを持って、海水浴、お花見、デパートの屋上へ行って、胸を張って家族たちを撮影した昭和のカメラです。
キャノネットシリーズは昭和47年(1972年)「G-V(3)19」まで多くのモデルを輩出しました。

工房へやってきたのは昭和40年(1965年)に発売された『キャノネットQL17』です。
「QL」はキャノンご自慢のフィルム装填機構「クイックローディング」の略です。
拝見してみると、シャッター、絞りとも油で固着しておりました。
他にもEEが不調でしたが、メーターなど個々の部品は大丈夫そうなので、修理は可能だと思っています。
ただ、今日は他の業務もあって時間切れ。途中までのご報告です。

DSC07459.JPG

DSC07462.JPG

DSC07460.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png


posted by ヒゲじい at 18:37| カメラ修理