2014年11月18日

ペンタックスエスピオのカメラ修理

ヒゲじいは眼科に行って来ました。数年前に「ものもらい」で受診したのですが、ついでにと言うことで、各種の検査をしました。
その結果「加齢(”華麗”ではありません)に伴う緑内障になる恐れがあるので、年に一度くらいは検査するように」と言われました。それから2年あまり経ってしまいましたが、眼を使う仕事をしているので検査に行ってきました。
結果がでるまではビクビクしていたのですが、「問題なし」とのことでした。
人の眼も、カメラも古くなると、たまには検査して、コンディションを維持する必要がありますね。

今日、ご紹介するのは『ペンタックスエスピオ』です。当工房では基本的にはAFカメラの修理は遠慮させていただいているのですが、不具合箇所によっては修理可能なケースもあるので、とりあえず拝見することにしたものです。不具合は「シャッターが切れない」とのことでした。
幸い(?)工房に兄弟機種があったので、そちらと一緒に比較分解しながら、どうにか動作するようにしました。
ただ、電子部品がぎっしりのカメラはしばらく時間が経過したり、特定のモードで不具合が発生することがあるので、取り扱い説明書を探し出し、動作チェックを行なっています。

DSC08233-001.JPG

IMGP2415-001.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 16:14| カメラ修理