2014年12月01日

オリンパスペンSのカメラ修理

今日は所用があり、日中は外出していました。所用のついでに、デパートのエスプレッソマシンの売り場についフラフラと迷い込んでしまいました。そして、ついついミルクを泡立てるカプチーノメーカーとセットになったエスプレッソマシンを衝動買いをしてしまいました。困ったものです。

そんな話はさておき、今日、ご紹介するのは、『オリンパスペンS』です。レンズが30mm/F2.8ですので発売は昭和35年(1960年)です。同じ「ペンS」でもレンズが30mm/F3.5は昭和40年に発売されたものです。

工房へやってきた個体はシャッター、絞りに油染み、外付けストロボが発光しない、シャッターを押さないのに何度でも捲きあげができてしまうという不具合でした。

ストロボが発光しなかったのは、ストロボの接続プラグに来ているリード線が断線していました。どうやら、以前にどなたかが、分解されていたようです。捲きあげの不具合も調整で修理完了しました。あとは、明日以降に組み立てて、最終チェックをします。

DSC08290-001.JPG

DSC08293-001.JPG

IMGP2435-001.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 22:52| カメラ修理