2014年12月04日

キャノンFTb-Nのカメラ修理

今日は『キャノンFTb-N』のカメラ修理をやっています。
このカメラは昭和46年(1971年)に発売された「キャノンFTb」の改良モデルとして昭和48年(1973年)に発売されました。改良点はファインダー内でシャッター速度を確認できるようになったことや、部品デザインの一部が変更になっています。

工房へやってきた個体は電池を入れても露出計の針が動かないという不具合でした。上カバーを開けて、接点などを追いかけてみたら、接触不良を起こしている部分を見つけました。清掃とシャッター速度などの調整を行いました。

DSC08321-001.JPG

DSC08322-001.JPG

DSC08318-001.JPG

オーナー様が貼られた日付とイニシャルです
テープライター(商品名だと「ダイモ」)というのが昭和っぽいですよね
「昭和49年」だと思います 上カバーを開けると発売された年の昭和48年の製造だったようです
DSC08324-001.JPG
DSC08319-001.JPG

DSC08318-001.JPG

DSC08320-001.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 15:25| カメラ修理