2014年12月16日

キャノン ダイヤル35のカメラ修理が完了しました。

昨日、ご紹介しました『キャノン ダイヤル35』のカメラ修理が完了しました。
以前にもご紹介したことがあるのですが、このカメラは昭和38年(1963年)に発売されました。昭和38年と言うと、前回の東京オリンピックの前年です。明るい未来を夢見て、活気のある時代だったはずです。そんな中、従来のカメラとは一線を画したデザインでした。

今や「ダイヤル」と言ってもピンとこないでしょうが、電話機のダイヤルをモチーフにしたのだと思います。当時は、電話機(もちろん、固定電話)が各家庭にある時代ではなく、「電話」が新しい時代、未来をイメージする存在だったのでしょう。今では、携帯電話さえ「ガラケー」と呼ばれ、スマホが主流。もちろん、ダイヤルもプッシュボタンを経て、タッチパネルになりました。まあ、50年も経っているのですから・・・。

DSC08390-001.JPG

DSC08393-001.JPG

DSC08391-001.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png


posted by ヒゲじい at 14:02| カメラ修理