2015年01月16日

スプリングカメラ ミハマライム6のカメラ修理

以前に『ミハマ6』という比較的珍しいスプリングカメラを修理したことがあり、昭和カメラサービスのホームページでも試写をご紹介しています。そのためか、『ミハマライム6』(Rhyme=韻を踏むといった意味のようですが)というカメラがやってきました。
構造自体はそれほど複雑なものではないのですが、スローシャッターが切れない、ヘリコイドが固着という不具合を抱えています。まずは、シャッターを修理したのですが、以前に乱暴な分解をされたことがあるようで、シャッター内の部品が変形していました。何とか、修正して、シャッターは正常に切ることができるようになりました。さて問題はヘリコイドの固着です。グリスがカチカチに固まっていて、びくともしません。こちらは、長期戦になりそうです。

DSC08637-001.JPG

DSC08641-001.JPG

DSC08640-001.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 19:05| カメラ修理