2015年01月23日

ミノルタAのカメラ修理

ここ数日続いていた、雨もやんで青空が見えました。出かけたわけではないのですが、カメラ修理の作業室から青空が見えるとキモチがイイものです。

今日、ご紹介するのは『ミノルタA』です。愛称の「タンク」はボディを上から見たカタチから名づけられたのだと思います。昭和30年(1955年)に発売されました。
スマートとは言いがたいのですが、どこか魅力的なデザインで、ヒゲじい的には好きなカメラです。
そういえば、この写真は昭和45年(1970年)頃、ヒゲじいが高校生だった頃に友人を撮影したものです。友人はこのカメラ(後継機のA2かも知れません)を構えていました。
S460122 駅伝0102.jpg

工房へやってきたカメラは絞りリングを回しても、動きませんでした。分解してみると、絞り羽根が外れていましたが、変形はなかったので組み立てなおして一件落着。

DSC08694-001.JPG

ボディの上にシャッターダイヤルがあります
DSC08696-001.JPG

フィルムカウンターはボディの底部にあります
DSC08695-001.JPG

DSC08693-001.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 18:32| カメラ修理