2015年02月02日

コニカ パールU(2)のカメラ修理

気が付いたら、1月が終ってしまい昨日から2月に入りました。2月は28日までしかないので、このままボンヤリとしていると、あっという間に3月・・・。なんてことにならないように、気を引き締めて行こうと思っています。

今日、ご紹介するカメラ修理は『コニカパールU(2)』です。カメラの形式としては「スプリングカメラ」と呼ばれるもので、ボタンを押すと、バネ(スプリング)の力で収納されていたレンズが飛び出します。
発売されたのは昭和26年(1951年)ですので、ヒゲじいより歳を召しています。
「パール」は昭和13年(1938年)に発売された「セミパール」をルーツにしたカメラで、フィルムはブローニーで「セミ判」(6×4.5)の写真撮影ができます。
『コニカパールU(2)』はピントリングを回すとファイダー内の距離計が連動する機構=連動距離計を搭載しています。そんなことは、当たり前だと言われそうですが、スプリングカメラでは、なかなか難しいメカニズムだったと思います。

前置きが長くなりました。
工房へやってきた個体はシャッターの粘り、裏蓋ロック部の金具欠品などの不具合がありました。何とか、修理を完了し、最終チェック中です。
折りたたむとコンパクトで、魅力的なカメラです。

DSC08752-001.JPG

DSC08751-001.JPG

ピントあわせに応じた距離と被写界深度を示す優れもの機構です(但し、フィートですが・・・)
DSC08754-001.JPG

昭和43年(1968年)に発売されたコンパクトなコニカ35と比べてみました
DSC08753-001.JPG

接写用の「オートアップ」がお供していました
DSC08755-001.JPG

DSC08750-001.JPG

DSC08749-001.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png


posted by ヒゲじい at 16:33| カメラ修理