2015年03月23日

キャノン7のカメラ修理

またまた、『キャノン7』のカメラ修理です。
修理作業を始めるときは、正直言って「動くようになるかな?」と考え込みました。BやT(タイム露出)が動作せず、低速シャッターは一部しか切れません。高速シャッターは音はするのですが、シャッターが開きません。外観は汚れがひどく(分解してみたら、内部もホコリだらけでした)、乱暴に分解された痕跡もあり、たぶん修理不能だろうと分解を始めました。
分解し、怪しいところをあちこち探りました。結構な時間をかけてしまいましたが、何とか、動作するようになりました。静かでこぎみの良いシャッター音が作業室に響くと、うれしくなりました。
内外も清掃し、塗装やめっきの磨耗も「味」に見えるようになりました。(自己満足かも知れませんが?)
幸い、セレンの露出計は殆ど劣化がなく、カメラテスターで調べてみたら、大丈夫でした。
これなら、まだまだ、楽しめるカメラになると思います。

DSC09060-001.JPG

DSC09061-001.JPG

DSC09063-001.JPG

DSC09054-001.JPG

DSC09050-001.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 15:54| カメラ修理