2015年03月30日

オリンパスOM‐1のカメラ修理が完了しました

いやはや、奇跡的でした。先日、ご紹介しました『オリンパスOM-1』ですが、上カバーを開けてきたら、案の定、プリズムを覆っているモルトプレンが加水分解でドロドロになっていました。しかし、奇跡的にプリズム反射面の蒸着を傷めていませんでした。もっとも、ファインダー内にはこぼれ落ちたモルトプレンのクズがありましたが。
多くのOM-1は、年数が経つと、プリズムの蒸着がダメになっていて、修理するにはプリズムの交換しか手がないのです。

露出計も比較的、精度がよく若干の調整で済みました。その他、各部点検と清掃を行い、修理を完了しました。これから、最終点検です。

DSC09110-001.JPG

DSC09108-001.JPG

DSC09109-001.JPG

DSC09103-001.JPG

DSC09105-001.JPG

DSC09106-001.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 18:07| カメラ修理