2015年04月10日

リコーフレックスZ(7)のカメラ修理

先日からヒゲじいは修理してもらっています。修理箇所は「歯」です。最初は歯が欠けたので、その修理でした。念のためにと、他の歯も点検したら、不具合箇所が見つかり、そちらも修理中です。以前なら歯医者さんに行っても、早く帰りたいと言うキモチで一杯だったのですが、今は違います。治療室にある道具類が気になって仕方がないのです。誰もが嫌う歯を削るルーター(名称は?ですが)、各種のペンチ類、ピンセット、尖った針のような器具…などです。どれも、さすがにプロ用器材なので、しっかりしており、カメラ修理に使えそうで…。でも、たぶん、かなり高価なのでしょう。

すみません、余談でした。
今日、ご紹介するのは『リコーフレックスZ(7)』のカメラ修理です。不具合箇所は、このカメラの定番であるヘリコイドの固着です。外観は比較的キレイだったのですが。構造はカンタンなのですが、この固着を緩めるには少し、時間がかかります。

DSC09184-001.JPG

DSC09185-001.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png


posted by ヒゲじい at 16:48| カメラ修理