2015年04月13日

オリンパスペンDのカメラ修理

昨日はお天気も良く、春らしい一日でしたが、今日は一転、寒い一日でした。
今日、ご紹介するのは『オリンパスペンD』のカメラ修理です。最初のモデルはLV値を示すセレンの露出計がついており、その数値に応じた絞り、シャッター速度を組み合わせを選択できます。もちろん、マニュアル撮影も可能です。コンパクトながら、なかなか渋いカメラです。

工房へやって来たカメラのセレンがほぼ、基準値内にありました。セレンを使用しているカメラは相当な年数が経っているので、多くの人は劣化して使用できなくなっていると思われているようですが、案外と劣化していないものも多いようです。もっとも、劣化すると、「うんともすんとも言わない」くらいダメなものも多いのですが。シャッター、絞りに油が回っていたので、分解・洗浄を行いました。

DSC09220-001.JPG

DSC09215-001.JPG

DSC09216-001.JPG

DSC09219-001.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 23:15| カメラ修理