2015年04月24日

オリンパスペンEEDのカメラ修理

今日、ご紹介するのは『オリンパスペンEED』のカメラ修理です。
オーナー様は80歳を超えた方です。都内ではありますが、当工房からはずいぶんと離れた場所にお住まいなのにわざわざ、お持ちいただきました。都心の有名店で中華料理の修行された後、若くして独立されたそうです。もちろん、商売ですから、いろいろとご苦労されたお話も伺いました。商売をしながら、このカメラでたまの旅行やお子様の写真を撮られたそうです。もう一度撮影してみたいと思われ、ご近所のカメラ屋さんに持ち込まれました。ただ、そのカメラ屋さんは修理を受け付けておらず、当工房ならと、ご紹介されたそうです。ヒゲじいは、そのカメラ屋さんに心あたりがないので、そのカメラ屋さんがネットで検索されて、見つけていただいたようです。ありがたい限りです。

さて、工房に持ち込まれた個体ですが、粘りのために、シャッターが全く開きませんでした。外観は磨きすぎて下地がうっすらと出ていました。ずいぶんと、大切に手入れされたのだと思います。露出計も調整し、まだまだ、このカメラで楽しんでいただけるように仕上げました。

DSC09388-001.JPG

DSC09386-001.JPG

DSC09391-001.JPG

DSC09383-001.JPG

DSC09384-001.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 16:26| カメラ修理