2015年04月27日

ヤシカフレックスBのカメラ修理

今日はまるで初夏のような日差しでした。すでに大型連休に入っていらっしゃる方も多いのではないかと思いますが、お天気が良いのは何よりです。

今日、ご紹介するのは『ヤシカフレックスB』です。先日から、当工房に修理依頼のカメラをお持ちになるオーナー様が増えているのですが、このカメラもそうしたカメラの一つです。
工房へお見えになったオーナー様とカメラを前に、いろいろなお話を伺うのはなかなか、楽しいものです。
さて、このヤシカフレックスですが、シャッターのチャージができず、当然ながら、シャッターを切ることができません。また、セルフタイマーもうまく動作しません。加えて、レザーの欠落があり、残っているレザーも浮きがあり、風前の灯といった塩梅でした。

まずは、シャッターの修理を行いました。案の定、シャッターの粘りが原因でした。
分解してみると、オーナー様が気にされていたビューレンズを覗くと糸カビのような見えるとおっしゃっていたのがミラーの腐食だと分かりましたので、新しいミラーと交換しました。

あとは、レザーの張替えです。時間がかかりますが、少しづつキレイになっていくのを見ると、楽しい作業です。

DSC09392-001.JPG

DSC09397-001.JPG

DSC09395-001.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 17:51| カメラ修理