2015年04月29日

ヤシカフレックスBのカメラ修理完了

先日、ご紹介しました『ヤシカフレックスB』のカメラ修理が完了しました。
シャッターの不具合や各部点検はともかくとして、レザーの全面貼り替えでしたので、既存レザー剥がし、(複雑な形状の)型紙取り、レザーのカット・現物合わせ調整、貼り込みという作業でした。古くなったレザーは柔軟性を失い、接着剤も劣化して、パリパリと剥がれます。ただ、頑固に貼り付いている部分もあり、シコシコとはがすのも手間がかかります。
それでも、新しいレザーを1面ずづ貼っていくたびに、カメラがよみがえっていく実感があり、楽しくもあります。不具合で動作しなかったところが修理で動き、軽快な音を聴くのと同じようにカメラ修理の醍醐味でもあります。

DSC09418-001.JPG

普通は上から覗きこんで、ピントあわせをします(精密にピントをあわせるためのルーペも付いています)
DSC09417-001.JPG

ピントあわせはできませんがフレーミングだけを見る「スポーツファインダー」にもなります
DSC09416-001.JPG

YASHICAの頭文字「Y」をシンボル化したオーナメントが渋いですよね
DSC09415-001.JPG

DSC09414-001.JPG

DSC09400-001.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 13:06| カメラ修理