2015年04月30日

ミノルタSR-1のカメラ修理

今日、ご紹介するカメラ修理は『ミノルタSR-1』です。このカメラが発売されたのは昭和34年(1959年)です。興味深いのは前年に発売されたミノルタ初の一眼レフカメラのモデル名は『SR-2』なのです。
そんな話はともかく、工房へやってきた個体はスローシャッターの不具合、フィルムカウンター窓の脱落、セルフタイマーの不調などでした。それでも、不具合箇所を修理し、調整すると、シャッター速度も比較的高い精度で切れるようになりました。

DSC09426-001.JPG

SR-2の廉価版モデルということで、最高速は1/500です
DSC09429-001.JPG

ボディの厚みを薄く見せるために上カバーは2段になっています
DSC09427-001.JPG

DSC09425-001.JPG

DSC09422-001.JPG

DSC09421-001.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png


posted by ヒゲじい at 15:43| カメラ修理