2015年05月22日

プリモフレックスW(4)Aのカメラ修理が完了しました

昨日、ご紹介した『プリモフレックスW(4)A』の修理がほぼ、完了しました。
現在、最終チェック中ですが、レザーも全面貼り替えしたので、スマートになりました。

この『プリモフレックスW(4)A』は東京光学から昭和29年(1954年)に発売された二眼レフです。
スタートマークを合わせて裏蓋を閉め、カウンターが「1」になるまで捲きあげます。捲きあげたら、シャッターチャージをして、シャッターを切ります。ビューレンズの左にあるレバーが上に向いていたら、捲きあげるまではシャッターチャージはできません。つまり、二重撮影防止装置が付いているのです。
また、裏蓋を開けるとカウンターが自動で戻ります。
この時代には、まだまだ珍しかった機構だと思います。

DSC09707-001.JPG

DSC09709-001.JPG

DSC09710-001.JPG

DSC09711-001.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 16:45| カメラ修理