2015年07月09日

オリンパスOM-10のカメラ修理

今日も武蔵小杉は雨です。じとじとして、カメラ修理作業もやり難いのでエアコンのドライをかけてやっていますが、少し肌寒く感じます。こまったものです。

さて、今日は『オリンパスOM-10』のカメラ修理をやっています。オーナー様が中学生の頃、お小遣いやお年玉を貯め、たいへんな思いで買われたということです。昭和のカメラを修理人泣かせのお話です。しばらくお使いになっておられなかったとのことで、各部点検のご依頼でした。
まずは、モルトプレンの貼り替えですが、ネチョネチョでした。電源スイッチのクリック(カチッ、カチッという節度感)が甘いので分解してみると、バネ部が「熱かしめ」が折れていて、反対側のプラスチック部品の谷部も磨耗していました。(この機種には比較的、多い不具合です)
部品取り用のカメラから部品を移植しました。
これから、各部点検・調整・清掃にとりかかります。

DSC09936.JPG

DSC09938.JPG

DSC09941.JPG

DSC09937.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png


posted by ヒゲじい at 16:06| カメラ修理