2015年07月13日

オリンパス トリップ35のカメラ修理

いやはや、今日も猛烈に暑いです。
カメラ修理の仕事は基本的に空調をきかせた作業室でやっているので、作業中は問題ないのですが、所用で外出することもあります。そんな時は、作業室の内外でこうも違うのかと驚くことがあります。
さて今日、ご紹介するのは『オリンパス トリップ35』のカメラ修理です。
このカメラはハーフサイズのペンをベースに昭和43年(1968年)に発売された35mmフルサイズEEカメラです。
この個体は絞りが動かなくなったとのことで、工房へやってきたやってきました。
早速、分解して絞りを拝見したところ、油による固着がありました。ほんのわずかな油ですが、これが悪さをしたようです。絞り羽根の洗浄後、EEの調整を行い、最終チェック中です。セレンの劣化は殆どありませんでした。

DSC09983.JPG

セレンが大丈夫だったので、まだまだ楽しめます
DSC09985.JPG

DSC09951.JPG

DSC09952.JPG

EEの調整中です
DSC09974.JPG

裏蓋に以前のオーナー様の名前シールが貼ってありました(画像処理しています)
昭和の時代に流行りましたよね
DSC09986.JPG

DSC09987.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png



posted by ヒゲじい at 16:48| カメラ修理