2015年07月14日

キャノンフレックスRMのカメラ修理

今日も暑いです。真夏の暑さです。昼間の暑さもともかく、夜の暑さで眠りが浅くなってしまうのには参ってしまいます。
そんな話はともかく、今日、ご紹介するのは『キャノンフレックスRM』です。発売は昭和37年(1962年)です。キャノンフレックスシリーズは昭和34年(1959年)に始まり、「キャノンフレックスRP」「キャノンR2000」と続くのですが、この「RM」は露出計を内蔵し、ペンタプリズムの出っ張りを低くし、捲きあげレバーを隠すなど一線を画したデザインです。
工房へやってきた個体はスローシャッターの不調がありました。テスターで測定してみると高速シャッターも
要調整状態でした。まあ、50年以上経ったカメラですから、不調がないほうがオカシイのですが。
それでも、セレンは劣化が殆どなく、ちょっとした調整で露出計は使える状態になりました。

DSC09993.JPG

DSC09998.JPG

DSC09990.JPG

DSC09995.JPG

DSC09991.JPG

DSC09977.JPG

DSC09978.JPG

DSC09979.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 16:33| カメラ修理