2015年08月04日

ペトリ35 F2.8のカメラ修理

今日も暑いですッ!
まあ、暑いと言ってもどうしようもないのですが…。

今日、ご紹介するのは『ペトリ35 F2.8』のカメラ修理です。
「ペトリ」と言ってもご存知の方は少ないかも知れませんが、コニカの前身である小西六写真工業に続いて1917年にカメラを製造を開始した会社です。

工房にやってきた『ペトリ35F2.8』は昭和29年(1954年)に発売された『ペトリ35』のの後継モデルとして発売されました。厳密に言うと、シャッターが「カーペルMXV」ですので、昭和33年(1958年)のマイナーチェンジモデルのようです。
不具合の状況はシャッターの粘りとシャッターボタンとシャッター本体を連動させている部分の粘りでした。

DSC00160.JPG

DSC00164.JPG

DSC00163.JPG

DSC00159.JPG

DSC00156.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 17:13| カメラ修理