2015年08月14日

『オリンパスOM-1』のカメラ修理

今日は墓参のために、半日ほど外出しておりました。一時ほどではありませんが、やはり暑いですね。

さて、今日ご紹介するのは『オリンパスOM‐1』のカメラ修理です。
外観はキレイなのですが、電池を入れてもメーターが動作しません。電池蓋を開けたら今は生産されていない水銀電池が出たので、たぶん水銀電池によるリード線の腐食だろと見当をつけて、下カバーを開けてみました。電池が接触する接片はキレイだったのですが、電池室を外してみると、案の定、リード線が腐食していました。

今日は、モルトプレンの貼り替えと、各部のチェックまで。本格的な修理点検は明日以降です。

DSC00225.JPG

DSC00223.JPG

このカメラが作れた時代頃からレザーは両面テープで貼られています
そのため、時間が経つとだんだんと浮いてきます
DSC00224.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 17:18| カメラ修理