2015年11月02日

『ミノルタオートコード』のカメラ修理

11月に入りました。今日は12月くらいの気温だったそうです。今日は出かけていましたのが、さすがに少し、厚めの上着を着ました。

今日、ご紹介するのは『ミノルタオートコード』のカメラ修理です。このカメラの特徴でもあり、弱点でもある「振り子式ピント合わせレバー」が折れて、工房にやってきました。アルミダイキャスト(だと思います)という丈夫な材料のはずですが、折れてしまう不具合が多いようです。かく言う、ヒゲじいが持っている『オートコードV(3)』も、以前に折ってしまったことがあります。
現在、修理中なのですが、修理作業中に電話があり「『オートコード』のレバーが折れたのだけど、修理できますか?」とのお問合せでした。続くときは、続くものです。

IMGP2560.JPG

IMGP2562.JPG

IMGP2566.JPG

IMGP2564.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 21:12| カメラ修理