2015年12月09日

『キャノンFX』のカメラ修理

『キャノンFX』のカメラ修理のご依頼がありました。電池の液漏れで電池蓋が開かないばかりか、上カバー(軍艦部とも言います)にも腐食が広がっていました。そんな現品を拝見し、修理をご辞退させていただこうかとしようかとも思いました。しかし、オーナー様からメールで『病気でカメラを持たなくなった父に昔使っていたカメラを渡してあげたいのです。父にも刺激になるし、修理して使ってあげた方が喜ぶと思います』とありました。
そんなお話を伺うと、何とか撮影できる状態にしたいと思い、修理を始めています。
数日かかって、やっとこさ固着した電池蓋を開けることができ、内部の状況を確認中です。

DSC00588.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 15:10| カメラ修理