2016年01月29日

『オリンパスペンEED』のカメラ修理

今日、ご紹介するのは『オリンパスペンEED』のカメラ修理です。
まず、セルフタイマーのレバーがなくなっています。電池蓋を開けてみると、漏液の跡がありました。その他、ボディのあちこちに腐食があり、レンズ内にもカビなどがあり、重症です。
まずは、電池室からメーターにつながっているリード線を交換しました。幸い、交換するとメーターの針が動いたので、何とかなりそうです。(精度が出せるかどうかは、これから確認です)
セルフタイマーのレバーは他の中古カメラから移植します。

DSC01253.JPG

DSC01255.JPG

DSC01257.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 19:52| カメラ修理

2016年01月27日

『フジペットEE』のカメラ修理

今日、ご紹介するのは『フジペットEE』のカメラ修理です。
事前にオーナー様から「シャッター不動、メーター不動、レンズ汚れ」等の不具合でご相談がありました。
以前にも同じモデルを修理したことがあるのですが、セレンの劣化によるメーター不動は代替部品の入手が難しいので、メーター修理は難しいとご回答しました。それでは、「シャッターだけでも」とのことで、お引き受けしました。トイカメラと言ってしまえば、それまでですが、50年近く前は、まだまだカメラは高嶺の花でした。そんな時に子どもでも買ってもらえ、それもEE機構までついていて、がっしりとしたデザインのカメラは人気だったのでしょう。

DSC01252.JPG

DSC01251.JPG

DSC01249.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png
posted by ヒゲじい at 15:56| カメラ修理

2016年01月25日

『オリンパストリップ35』のカメラ修理

雪に慣れていない地域で、大雪が降ったようですが、このブログをお読みいただいている方はいかがでしょうか?どうぞ、おだいじに。
さて、今日、ご紹介するのは『オリンパストリップ35』のカメラ修理です。
ながく、お使いになっていなかったとのことで、各部点検のご依頼です。
拝見してみたら、赤ベロの動きがおかしいようです。まずは、ボロボロになったモルトプレンの貼り替えから始めているところです。

DSC01245.JPG

DSC01247.JPG

DSC01248.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 16:06| カメラ修理

2016年01月19日

『リコーフレックスZ(7)』のカメラ修理

昨日は首都圏でも雪が降り、たいへんだったようですね。以前にテレビの気象番組では「暖冬だからと言って
安心してはいけない。ドカ雪が降ることがあるので・・・」とのことでした。暖冬と言っても用心が必要なのです。
今日、ご紹介するのは『リコーフレックスZ(7)』です。ヘリコイドの固着はまあまあでしたが、ミラーが曇っていましたので、交換しました。

シンプルなデザインに好感が持てるデザインです。

DSC01233.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png


posted by ヒゲじい at 17:28| カメラ修理

2016年01月14日

『ヤシカエレクトロ35GT』のカメラ修理

ここ数日、寒い日が続いています。少し、外に出ただけで指先が冷えて、作業室に戻ってもなかなか指先があ温まりません。歳をとると血の巡りが悪くなるのでしょうか?それとも、もともと巡りが悪いのかも知れません。

今日、ご紹介するのは「ヤシカエレクトロ35GT」のカメラ修理です。
まずは電池蓋を開けてみると液漏れで一部が腐食していました。モルトプレンを貼り替え、分解してリード線などの点検などを進めているところです。

DSC01230.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 16:35| カメラ修理

2016年01月12日

『ペンタックスESU(2)』のカメラ修理

今日、ご紹介するのは『ペンタックスESU(2)』のカメラ修理です。
このカメラは電子部品がやられると、やっかいなのですが、幸い、工房へやってきた個体は時々、ミラーアップしてしまうという機械部の不具合でした。ファインダーの清掃、モルトプレンの貼り替えを始め、各部点検を行なっているところです。

DSC01225.JPG

DSC01227.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 17:18| カメラ修理

2016年01月07日

『オリンパスOM-1』のカメラ修理

今日、ご紹介するのは『オリンパスOM-1』のカメラ修理です。
同じオーナー様から2台お預かりしており、1台はスローシャッター時の不具合、もう1台は露出計の不具合です。大きな不具合箇所はほぼ、修理ができ、仕上げ中です。
この時代のカメラの少し前くらいから、部品の固定などに両面テープが多用されるようになります。レザーも両面テープで貼り付けてあります。そのため、年数が経つと接着力が低下し、レザーの端が浮くようになります。
まあ、剥がしやすいと言えば、そうなのですが・・・。再貼り付けは接着剤を使用しますが、このOM-1には要注意箇所があるので、用心しながら進めています。

DSC01224.JPG

浮いたレザーは簡単に剥がれます
DSC01222.JPG

両面テープを剥がしているところです
DSC01223.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 16:59| カメラ修理

2016年01月05日

『ミノルタハイマチックF』のカメラ修理

2016年がスタートしました。
今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、新年早々、ご紹介するのは『ミノルタハイマチックF』のカメラ修理です。
外観はキレイですが、分解してみると電池室から出ているリード線が腐食していました。
リード線を交換し、各部の点検、調整を進めているところです。

DSC01212.JPG

DSC01214.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 15:38| カメラ修理