2016年01月07日

『オリンパスOM-1』のカメラ修理

今日、ご紹介するのは『オリンパスOM-1』のカメラ修理です。
同じオーナー様から2台お預かりしており、1台はスローシャッター時の不具合、もう1台は露出計の不具合です。大きな不具合箇所はほぼ、修理ができ、仕上げ中です。
この時代のカメラの少し前くらいから、部品の固定などに両面テープが多用されるようになります。レザーも両面テープで貼り付けてあります。そのため、年数が経つと接着力が低下し、レザーの端が浮くようになります。
まあ、剥がしやすいと言えば、そうなのですが・・・。再貼り付けは接着剤を使用しますが、このOM-1には要注意箇所があるので、用心しながら進めています。

DSC01224.JPG

浮いたレザーは簡単に剥がれます
DSC01222.JPG

両面テープを剥がしているところです
DSC01223.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 16:59| カメラ修理