2016年02月08日

『ミノルタ オートコード』のカメラ修理

今日、ご紹介するのは久々の二眼レフ『ミノルタオートコード』です。
「オートコード」の修理のお問い合わせがあり、真っ先に頭に浮かんだのが「ヘリコイドレバーの折れ」だったのですが、幸い「折れてはいない」とのことでした。
「ヘリコイドレバーの折れ」だと、中古交換部品の入手がやっかいです。
ただ、現品を拝見するとヘリコイドの動作が重くなっていましたので、このまま重くなっていくとヘリコイドレバーが折れるかも知れません。まずは、ヘリコイドの動作を軽くしました。
あと、シャッター羽根、絞り羽根に油が回っていましたので、洗浄しました。
最大(?)の不具合はレザーの剥がれ、浮きなどです。これから全面的に貼り替えます。

DSC01278.JPG

DSC01276.JPG

DSC01275.JPG

DSC01274.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 15:50| カメラ修理