2016年03月04日

『ヤシカマット124G』のカメラ修理

今日、ご紹介するのは二眼レフ『ヤシカマット124G』のカメラ修理です。
このカメラは昭和45年(1970年)に発売され、昭和61年(1986年)まで生産されたそうです。
生産中止後は日本のカメラメーカーではマミヤだけが二眼レフを製造、販売していました。
ヒゲじいはヤシカに勤務したことがありますが、電子制御のカメラの開発、製造、販売が行なわれる一方で、こんなカメラが、まだ製造、販売されていました。

工房へ持ち込まれた個体は女性の方が中古で手に入れられたそうです。大切に扱っておられてにもかかわらず運悪く、どこかにぶつかったためにシャッターボタンの台座が変形し、シャッターが切れなくなってしまっていました。
分解してみると、台座付近はあまり丈夫な材料でできていませんでした。変形を修正し、動作関係を調整したのでシャッターを切ることができるようになりました。その他、モルトプレンの貼り替えなどを行い、再組み立て中です。

DSC01885.JPG

DSC01887.JPG

DSC01886.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 15:46| カメラ修理