2016年03月24日

『コニカパールW(4)』のカメラ修理

今日、ご紹介するのは『コニカパールW(4)』のカメラ修理です。
このカメラは「コニカパール」シリーズの最終型です。それまでは板金(折り曲げたり、プレスした金属板)製のボディでしたが、このモデルからダイキャストになりました。おかげでずっしりとした手ごたえがあります。発売されたのは東京タワーが竣工した昭和33年(1958年)です。
工房へやってきた個体は60年近く経っているはずなのに、傷やスレなどが殆どない、ほれぼれするきれいな外観でした。ただ、シャッター羽根に油が回っていて、シャッターが開きません。
これから、修理にとりかかります。

DSC01942.JPG

DSC01941.JPG

DSC01940.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 16:34| カメラ修理