2016年04月28日

『キャノンFX』のカメラ修理

明日から大型連休です。こんなときこそ、仕舞いこんでいたフィルムカメラを取り出して、様子を見てあげてください。調子が良さそうでしたら、ぜひフィルムカメラを持ってお出かけ下さい。フィルムカメラでしか撮れないような味のある写真を撮ることができますよ。
当工房はゴールデンウィーク中は4月30日、5月2日、6日、7日は営業いたします。お手持ちのフィルムカメラについてご不明の点、不具合などのご相談がありましたら、お気軽にどうぞ。

さて、今日、ご紹介するのは『キャノンFX』のカメラ修理です。
露出計の不動、写真の端に黒い帯が出る、プリズムの腐食などの不具合があります。これから、分解して修理に取りかかります。

DSC02029.JPG

プリズムを押さえる金具とプリズムの間にあるモルトプレンが劣化してプリズムの蒸着面を腐食させています。あともう少し、保護シートが広かったら、こんなことにならなかったのですが。
DSC02031.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 15:00| カメラ修理

2016年04月25日

『オリンパスペンEED』のカメラ修理

今週の金曜日からゴールデンウィークです。自営業だと、あまり実感はないのですが、それでも何だか心がウキウキします。でも、昭和カメラサービスはカレンダー通りに営業いたします。どうぞ、よろしくお願いします。

さて、今日、ご紹介するのは『オリンパスペンEED』のカメラ修理です。露出計が動いていないようです。
これから、修理にとりかかるところです。

DSC02026.JPG

DSC02027.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 17:02| カメラ修理

2016年04月20日

『キャノンA-1』のカメラ修理

カメラ修理をやっていると、一日中、作業室にこもるしかありません。そのため、どうしても運動不足になります。少しくらいは体を動かさないと、ヒゲじいも古いカメラと同じように「固着」してしまいますので、ここところ早起きして自転車に乗っています。今朝は少し、肌寒かったのですが、快晴でキモチよく走ることができました。

さて、今日、ご紹介するのは『キャノンA-1』のカメラ修理です。シャッターとミラー付近の不調がありました。しばらく前に修理作業を終え、念のため、日にちをおいて動作に問題がないかを確認しているところです。

DSC02024.JPG

DSC02025.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 15:19| カメラ修理

2016年04月18日

『オリンパスOM-1』のカメラ修理

今日、ご紹介するのは「オリンパスOM-1」のカメラ修理です。
カメラ修理でやっかいなのは、「たまにしか不具合が発生しない」とか「時間が経つと不具合が現れる」といった不具合のときです。こうした不具合の修理のときは、いつもより長めの時間をおいて再チェックをします。この個体もそんな時間をおいてチェックしているところです。

DSC02023.JPG

DSC02021.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 15:04| カメラ修理

2016年04月13日

『ミノルタユニオマットV(3)』のカメラ修理

ここのところ、少しバタバタしていたので、ブログの更新ができていませんでした。
そんなバタバタも少し一段落し、キモチに余裕がでてきたところです。
今日、ご紹介するのは『ミノルタユニオマットV』です。発売されたのは昭和39年(1964年)です。
ミノルタはなかなか、端正なデザインのカメラが多いのですが、このユニオマットも同時期の他社のカメラに比べるとユニークで、スマートです。

工房へやってきた個体はファインダーの前面ガラスが脱落しています。様子を見るために分解してみたら、ガラスを固定している金具が変形してはずれかかっていました。ガラスが割れていなかったのが、不幸中の幸いでした。これから修理にとりかかります。

DSC02020.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 15:14| カメラ修理

2016年04月07日

『ペンタックスMX』のカメラ修理

今日は花散らしの雨が降っています。
そんな中で、ペンタックスMXのモルトプレンの貼り替えを行なっています。
これまでにも何度かこのブログでご紹介しましたが、カメラには遮光材や緩衝材としてスポンジの1種である「モルトプレン」が使用されています。なかなか良い材料ですが、年月を経るとネチョネチョになったり、ホロホロになってしまいます。そうなると遮光材としての役目を果たすことができず、光漏れを起こしたり、プリズムの蒸着を侵したりして、折角のカメラをダメにしてしまいます。特に高温多湿な日本ではモルトプレンが長持ちしないと聞いたこともあります。
ぜひ、昭和のカメラをお持ちの方は、カメラの裏蓋を開けてモルトプレンの状態を確認されることをお勧めします。なお、当工房ではモルトプレンの貼り替えだけの限定修理も承っております。

DSC01975.JPG

DSC01976.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 17:38| カメラ修理

2016年04月06日

『キャノンダイヤル35』のカメラ修理

今朝は早起きをして自転車に乗って、多摩川の土手に咲いている桜を見に行きました。
満開でした。明日には雨になるそうなので、今日までが見ごろです。
そういえば、この桜が咲いている土手の近くにはキャノンの本社があります。

IMG_20160406_075040.jpg

そして、今日、ご紹介するのは『キャノンダイヤル35』です。
まだ、届いたばかりなので、少し分解して様子を見ているところですが、シャッターと絞りが固着しています。ただ、キズはへこみに弱いアルミ外装のダイヤル35にしてはキレイな個体です。

DSC01972.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 16:54| カメラ修理

2016年04月04日

『オリンパスOM-1』のカメラ修理

昨日は、あいにくの雨。今朝になってやっと雨が止みました。それでも、近所にある満開の桜ががんばっています。もう少し、楽しめそうです。

今日、ご紹介するのは『オリンパスOM-1』のカメラ修理です。オーナー様が学生の頃、お父上に買っていただいた思い出のカメラだそうです。巻き上げ不調。露出計不動、ファインダーの汚れなどの不具合で当工房にやってきました。分解してみようと思い、アクセサリーシューアダプターを取り外そうとしたら、固着していてどうにもなりません。時間をかけて、外してみたら、固定用ネジ部の錆びだけでなく、上カバー(「軍艦部」とも言います)の一部も錆びていました。これから、分解、修理を進めます。

DSC01969.JPG

DSC01968.JPG

DSC01971.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 16:44| カメラ修理