2016年04月13日

『ミノルタユニオマットV(3)』のカメラ修理

ここのところ、少しバタバタしていたので、ブログの更新ができていませんでした。
そんなバタバタも少し一段落し、キモチに余裕がでてきたところです。
今日、ご紹介するのは『ミノルタユニオマットV』です。発売されたのは昭和39年(1964年)です。
ミノルタはなかなか、端正なデザインのカメラが多いのですが、このユニオマットも同時期の他社のカメラに比べるとユニークで、スマートです。

工房へやってきた個体はファインダーの前面ガラスが脱落しています。様子を見るために分解してみたら、ガラスを固定している金具が変形してはずれかかっていました。ガラスが割れていなかったのが、不幸中の幸いでした。これから修理にとりかかります。

DSC02020.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 15:14| カメラ修理