2016年05月31日

『オリンパス35SP』のカメラ修理

ここのところ、野暮用が重なり、カメラ修理の作業がはかどっていませんでした。昨日あたりで、野暮用も一段落したので、カメラ修理に集中することができます。

さて、今日、ご紹介するのは『オリンパス35SP』です。各部点検のご依頼でやってきたのですが、分解して調べてみたら、EEを制御している部品の動作が不安定でした。何とか、スムースに動作するようになったので、組み立てを進めているところです。

DSC02410.JPG

DSC02413.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 17:09| カメラ修理

2016年05月25日

『オリンパスペンD3』のカメラ修理

当工房は「オリンパスペン」しか扱っていない訳ではありません。部品の入手待ちやら、各種の都合で、ご紹介が続いているだけです。
今日、ご紹介するのは「オリンパスペンD3」です。Dシリーズの最終モデルです。
工房へやって来た個体は露出計不動という不具合がありました。その他、各部点検を行ない、現在、最終チェック中です。

DSC02150.JPG

DSC02151.JPG

DSC02157.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 15:53| カメラ修理

2016年05月23日

『オリンパスペンS』のカメラ修理

今日は真夏のような暑さです。さすがに、まだ冷房を入れるのは早いような気がするので、換気扇でガマンしています。

さて、今日、ご紹介するのは、またまた「オリンパスペンS」です。ここのところ、「オリンパスペンシリーズ」の修理が続いていますが、久々のマニュアル機「ペンS」です。他にもモデルは違いますが、修理を待っているペンがあります。まるで、ペン専門店みたいです。
オーナー様が実家に帰省され、お父上が買ってくださった思い出のカメラを発掘されたそうです。
当工房にお持ち込みになる前に、懐かしさを感じながら外観は清掃されたそうです。拝見してみると、シャッターは動作するものの、粘りがありました。その他、各部点検、清掃を行なっています。

DSC02145.JPG

DSC02149.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 16:22| カメラ修理

2016年05月20日

『コニカC35EF』のカメラ修理

ここのところ、キモチのよいお天気が続いています。仕事を始める前の早朝に自転車に乗って、日頃の運動不足を補っています。しばらくすると梅雨、そして梅雨が明けたら、暑い夏。それまで、しっかり自転車に乗りたいと思っています。

今日、ご紹介するのは『コニカC35EF』です。発売時のニックネームは『ピッカリコニカ』でした。コンパクトなファミリーカメラにストロボが内蔵されたことで、大ヒットし、その後のコンパクトカメラには、ストロボ内蔵が常識となった先駆的カメラです。
工房へやってきた個体はオーナー様のお母上がお使いになっていた思い出のこもったものだそうです。拝見したところ、ストロボ用の電池が液漏れして、電池室から取り出せないような状態でした。まずは、電池を取り出し分解修理を行なっています。

DSC02139.JPG

DSC02140.JPG

DSC02141.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 16:45| カメラ修理

2016年05月17日

『オリンパスペンEE-3』のカメラ修理

ここのところ、オリンパスペンシリーズの修理が続いています。オリンパスペンの修理先をお探しになっているオーナー様が検索して当工房を見つけられ、そのペンの修理を紹介すると、また別のペンオーナー様が検索されて当工房を見つけられるというサイクルのようです。
オリンパスペンは多くのモデルがヒットしましたので、今でもたくさんのオーナー様がおられるのは当然かも知れません。

さて、今日、ご紹介するのは「オリンパスペンEE-3」です。赤ベロが出ないという不具合でやってきました。
なかなか、キレイな個体でした。

DSC02137.JPG

EE-2から自動復元式になったフィルムカウンター
DSC02138.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 14:30| カメラ修理

2016年05月16日

『オリンパスペンF』のカメラ修理

先週の後半は臨時休業をいただき、ご迷惑をおかけしました。
本日から通常営業に戻っております。

今日、ご紹介するのは『オリンパスペンF』です。
オーナー様は海外でご活躍になっておられ、久々に帰国されたところ、お父上が使っておられたオリンパスペンFを見つけられ、何とか使ってみたいとのことで、当工房にご相談があったものです。
ミラーがアップしたままで、巻き上げもシャッターを切ることができませんでした。
現在、最終チェックを行なっているところです。
それにしても、『ペンF』ってカッコイイですよね。

DSC02136.JPG

DSC02133.JPG

DSC02131.JPG

DSC02128.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 16:56| カメラ修理

2016年05月09日

『ヤシカフレックス』のカメラ修理

ゴールデンウィークも終わり、駅の近くや街なかを歩いている人たちもサラリーマンらしき人が増えました。

さて、今日、ご紹介するのは二眼レフ『ヤシカフレックス』のカメラ修理です。
フィルムカウンターが戻らないという不具合で工房にやってきたのですが、他にも不具合がいくつかあり、思いのほか、時間がかかっています。何より、レザーの貼り替えがあるので、時間がかかります。
これから、再組み立てに入ります。

DSC02037.JPG

DSC02124.JPG

DSC02120.JPG

DSC02121.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 16:03| カメラ修理

2016年05月06日

『オリンパスXA』のカメラ修理

ゴールデンウィークもあとわずかになりました。
当工房はカレンダー通りの営業ですので、今日も朝から作業机に向かっています。
電話もぽつぽつとかかってきますので、お休みの時間を使って昭和のカメラを取り出している方も少なくないようです。
さて、今日、ご紹介するのは『オリンパスXA』です。以前もご紹介したことがありますが、発売されたのは昭和54年(1979年)。コンパクトなボディながら、二重像合致式ファインダーを備え、絞り優先のオートカメラ、そして、レンズカバーを左右に動かしてレンズを出すユニークなデザインで話題を呼びました。

工房へやって来た個体はオートの不調とヘリコイドレバーがひっかかるという不具合がありました。
分解してみると、ヘリコイドが固着しており、ヘリコイドレバーとの連絡が外れていました。つまり、ピントをあわせたつもりでも、レンズが前後に動作していなかったのです。
その他、絞りに粘りがあったので、整備しました。

DSC02041.JPG

DSC02039.JPG

DSC02032.JPG

DSC02033.JPG

DSC02036.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 14:50| カメラ修理